投資信託 Fx-TYPE.08

投資信託の購入

さてここで実際に投資信託で購入について解説します。
購入の時点からよく選んでキチンと手続きをしておかないと後から面倒なことになりかねませんので今のうちに色々と必要なものを揃えておきましょう。

投資信託の購入の手続きに必要なものは?

今現在、投資信託の購入を考えている方で、新規の取引を行う場合はまず新規口座開設が必要です。
信託取引の形態には証券会社や銀行等販売会社の店頭、電話、インターネットなど種々ありますが、どの場合でも口座開設が必要となります。
また、銀行で既に預金口座をお持ちの方でも別に開設する必要があります。
分けて置かないと後々のトラブルになったりします、投資信託用の講座を開設しておきましょう。

■ 店頭の場合

投資信託用の口座開設に当たっては、投資目的や投資経験などについての確認後、各商品に応じた契約締結前交付書面や投資信託説明書(目論見書)が渡され、それら書面等についての説明がありますので、よく目を通し理解した上で「口座開設書類」に必要事項を記入します。
必要書類に記入するに当たっては届出印を押印しておく箇所があります。
必ず 「印鑑」をもってきましょう。
また、投資者本人の確認を行うため、運転免許証や健康保険証、国民年金手帳、パスポート等の身分を証明する書類を確認しますので忘れずにもっていきましょう。
また、投資信託の分配金の受取や解約代金の受取の際に振込みを希望される方は、支店名や口座番号などがわかる通帳をもっていきましょう。

■ インターネットの場合

インターネットのみの投資信託取引を希望される方は一度口座開設用の書類一式を取り寄せ、必要事項を記入の上、本人確認出来る身分を証明する書類と一緒に返送することになります。

recommend

フロアコーティングについて相談

2018/8/30 更新

COPY RIGHT (C) 投資信託 Fx-TYPE.08 All Right Reseved 2008