投資信託 Fx-TYPE.08

投資信託とは何?

巷のニュースやビジネスの世界やネット株でよく目にするのが投資信託です。
投資信託とは、他の投資家から集められた投資信託資金を1つのファンド(基金)にまとめ、それを株や債権、不動産などに投資する金融商品のことなのです。
割と小さな資金を集めて運用するので、小資金では投資できないものにも、投資をすることを可能にした商品ともいえます。

投資信託と言うのは、主に3つの会社が密接に関係してきます。

まず1つ目は、販売会社となります。
この会社は、テレビCMでもおなじみなので皆さんもなじみが深いでしょう。

次の2つ目は、運用会社となります。
この運用会社は、ファンドマネージャーと呼ばれる運用担当者が、キチンとした調査にもとづいて運用の指示を出していきます。

最後の3つ目は、信託会社です。
この信託会社は、投資家から集められた投資信託資金を分別管理します。そして、運用会社の指示に従って、株や債権の売買の処理を行います。

このような仕組みで投資信託は運営されているので、調整の取れたバランスが働き、運用会社が倒産したような場合でも投資家の資金は保護されますから安心です。


Warning: include_once(/home/jzijjoj8/public_html/inc/randlink.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/jzijjoj8/public_html/what.html on line 67

Warning: include_once(): Failed opening '/home/jzijjoj8/public_html/inc/randlink.php' for inclusion (include_path='.:/usr/lib/php:/usr/local/lib/php') in /home/jzijjoj8/public_html/what.html on line 67

投資信託をするメリットは?

初めての方は疑問に思いますよね、投資信託はメリットになる要素はどれくらいあるのか?
そこで簡潔にですが投資信託についてのメリットを箇条書きにしてまとめてみましたのでご参考にどうぞ。

■ 投資信託は小額からの投資が可能であること

投資は通常、日本株を買う場合、20万程度のお金が必要になりますが、投資信託なら日本株にも1万円ぐらいから投資ができますので小額からの投資が可能です。

■ 分散投資が可能になること

投資で日本株の場合、20万円の株を買った場合には、1銘柄で終わってしまいます、しまうものなんです。
もしもの想定ですが、その1銘柄が倒産したりすると、すべての金額が0円になってしまいます、元も子もありません。
しかし、投資信託なら、広く浅く沢山の銘柄を買うことが可能です。
このように、投資資金を分散投資をすることで投資先の倒産等のリスクをコントロールすることができます。

■ 『専門家にお任せ!』ができること

初めての方には朗報で投資信託を使うと、投資信託専門家(プロのファンドマネージャー)に運用を任せることができます。
投資信託専門家が個別銘柄の選定や銘柄の入れ替えを行ってくれるので、初めての方は膨大なデータの前に頭を悩ませずにすみます。
ですが、投資信託専門家を自分だけのために雇ったりはできないので、投資信託専門家が利用できる点は投資信託のメリットと言えます。

■ 対象商品が広く選べること

投資信託の投資先は多種多様で様々です。
日本株、アメリカ株、中国株、インド株、外国債、不動産などなど。
投資で通常なら、投資先の外国の調査をして株を買うことは大変ですが、投資信託なら世界的に投資することができます。

覚えておこう投資信託のデメリット!

メリットが存在すればやっぱりあるデメリット、投資信託のデメリットは何でしょうか?
投資信託に限らず、すべてのものにメリットがあれば、必ずデメリットもあるものです。
しっかりと、その両面から理解しておきましょう。
投資信託のデメリット以下に述べてあります、投資信託デメリットを簡単にまとめてみましたので参考にどうぞ。

■ 何よりもコストがかかる

ここで言うコストとは信託資金の事ではなく、販売手数用と信託報酬のこととなります。
当然、投資・資産の運用の専門家を雇うのですから、その分の費用がかかりますね。

■ ファンドの中には運用成績が落ちるものがあります

この投資信託のデメリットは主にアクティブファンドについてですが、アクティブといいながら、インデックスファンドとあまり変わらない銘柄の場合があります。
このような場合は、高い信託報酬を払った分だけ損だということになりますのでご注意を。
また、投資資金ファンドの選び方とも関係するのですが、その仕組みが複雑なものになると大きなリスクをとっている割には、小さなリターンしか期待できないものもあります。
よく、調査・分析・研究してから投資信託は買う必要があります。

投資信託は良いことばかりでは在りませんので始める前にキチンと計画を練ってから余裕のある投資が出来るようにしておきましょう。

最近ではFXへの投資を行う人も増えてきています。投資家はFX業者の比較を充分に行い投資を行っています。比較の方法としてはスプレッドやスワップなどの金利や手数料で損がないよう行います。FX比較は利益を得るための最重要ポイントです。

■ 注目サイト

国内でwifiレンタル
手数料なしの宝石広場

2016/10/11 更新

COPY RIGHT (C) 投資信託 Fx-TYPE.08 All Right Reseved 2008